HOME > 情報掲示板 > 書籍案内

情報掲示板

書籍案内 The NGO chargesheet(NGOへの疑問) New Internationalist 2014年12月号

In a climate of rampant corporatism and the retreat of governments from service provision, NGOs have mushroomed. Today the largest NGOs have budgets that rival transnational corporations. But is the hope invested in their activities justified? Many NGOs draw a significant amount of their funding from governments and corporations. Has this corrupted their aims? And to whose interests are they accountable - the people they claim to serve or the cherished 'major donors'? In the name of professionalism many are rigidly hierarchical and permeated by a corporate ethos. They court powerful establishment figures to sit on their boards. How well can they take up cudgels for people facing extreme disadvantage? Reformist in nature, can they ever be radical? Do they help people's movements for justice or do they undermine them by speaking on their behalf?

This month's New Internationalist inspects these and other criticisms of the ways in which NGOs function. For many of us, donating to NGOs is a way of expressing solidarity for the causes we believe in; it matters that we choose the right channels.


企業や利益団体の政治への介入、そしてまた行政が社会的サービスの運営から手を引いているということもあり、NGOが続々と誕生している。今日、最大手のNGOは、彼らが目の敵にする多国籍企業と肩を並べるほどの予算規模をほこっている。しかし、私たちがその活動に期待していることは、十分に実行されているのだろうか? 多くのNGOはかなりの資金を政府や企業から得ているが、それが彼らの目標に影響することはないのだろうか? またNGOは、誰の関心事について取り組んでいるのか。NGOが裨益者であると主張する人々なのか、「主要な援助資金提供者」なのか? 

プロフェッショナルという錦の御旗の下、多くの組織が厳格に階層化され、企業的な考えが浸透している。また、力のある権力層の人間を理事として迎え入れている。NGOは、極度に不利な立場に置かれた人々のために、どのくらい高く拳を振り上げて立ち向かっていけるのだろうか?

もともと改革を進めてきたNGOだが、それをもっと大胆に行うことはできないのだろうか? NGOは、公正を求める民衆の運動を支援するのか、それとも自分たちの恩恵のために、そんな運動の足を引っ張ってしまうのか?

今月のニュー・インターナショナリストは、以上のようなNGOに対するさまざまな疑問と批判について検証してみる。私たちにとってNGOへの寄付は、私たちが信じる目標に対する連帯の表明である。つまり、私たちが正しい支援のあり方を選択しているのかどうかにかかわってくる問題なのだ。


【今月号の目次】
http://www.ni-japan.com/webold/toc478.htm

◆今月号のメイン記事「NGOs - do they help?」(英語)はこちらから読むことができます。
http://newint.org/features/2014/12/01/ngos-keynote/

※オンラインで読めるこれまでの記事はこちら
http://www.ni-japan.com/jarticle.htm
※メルマガに登録するとオンライン記事を1カ月早く読むことができます。
http://www.mag2.com/m/0000096598.html

■New Internationalist(NI)とは
ニュー・インターナショナリスト(エヌアイ)は、途上国と先進国の間に横たわる南北問題について広く世界に問いかけるため、英国の非営利団体(オックスファム、クリスチャン・エイド、キャドバリー財団、ラウンツリー財団)の支援によって1973年に創刊された英文月刊誌です。1980年代からは協同組合となり、独立メディアとして活動しています。草の根の活動から国際的な動きまで、欧米主要メディアとは異なる切り口で世界を伝え、分析するオルタナティブなメディアです。

The NGO chargesheet(NGOへの疑問) New Internationalist 2014年12月号
発行日2014年12月
購入方法下記のNIジャパンネットショップから、あるいはEメールにてご注文ください。
http://ni-japan.shop-pro.jp
order@ni-japan.com
価格980円(税、送料込み)
お問い合わせ先
問い合わせ先ニュー・インターナショナリスト・ジャパン(NIジャパン) *お問い合わせはEメールの方が早くお返事できます。
TEL.042-498-3126
FAX.042-498-3126
E-mailorder@ni-japan.com
URLhttp://www.ni-japan.com

書籍案内一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>