HOME > 情報掲示板 > 書籍案内

情報掲示板

書籍案内 Global Express教材無料ダウンロード「過激派組織による人質事件」

2015年1月、いわゆる「イスラム国」※と名乗る過激派組織により2人の日本人が拘束され、人質となる事件が発生しました。2月には、2人とも殺害された模様であるとの報道がされ、衝撃が広がっています。事件周辺の事柄について、さまざまな側面から考えてみましょう。

※「イスラム国」のほか、英語表記のIS(Islamic State=イスラム国)あるいはISIS(Islamic State of Iraq and Syria=イラクとシリアのイスラーム国)、ISIL(Islamic State in Iraq and the Levant=イラクとレバントのイスラーム国)、など、様々な呼称があります。ワークショップを実施する前に、言葉について説明をしてください。本教材では「『イスラム国』と名乗る過激派組織」と表記します。

▼アクティビティ1:「気持ち」や「関心」を共有する
目的: 学習の導入を行う。また、参加者の興味や関心を共有する。
対象: 小学校中学年以上
所要時間: 15?30分程度
以下のような問いかけをしたり、「わたしの気持ち」ワークシートを利用しながら、それぞれの気持ちや思いを共有します。
「最近、"イスラム国"と名乗る過激派組織について何かニュースや情報を見たり、聞いたりしたことがありますか?」
「"イスラム国"と名乗る過激派組織について、どんなことを知っていますか?また、どんなことを知らないでしょう?」
「そのことを知り、どんな気持ちがしましたか?また、どんなことを思いましたか?」

▼アクティビティ2:様々な意見を読み比べる
目的1: 様々な立場からの多様な意見があること、また、その違いを知る。
目的2:自分自身の気持ちや意見に目を向け、表現すること。他者と意見交換すること。
対象: 中学生以上
所要時間:30?45分程度
収録ワークシート:「様々な意見を読み比べる」「わたしの気持ち」
内容:人質事件に寄せられた様々な立場の人の11の意見を読み、話し合うアクティビティ。

▼アクティビティ3:歴史を知る・歴史から考える
目的1: 「イスラム国」と名乗る過激派組織が活動する周辺地域の歴史、特に植民地支配の歴史や社会的背景について理解を深める。
目的2:歴史の捉え方には、様々なものがあることを知る。
対象: 中学生以上
所要時間:45分程度
収録ワークシート:「歴史ワークシート(グループまたは個人に1枚)」
内容:「イスラム国」と名乗る過激派組織が活動する周辺地域の歴史が書かれたカードを並べるワーク。記載されたできごとについて、以下のような問いかけをしてすすめてもよい。
「日本と関わりがあることが書かれたカードはどれ?」
「自分がもしイラク市民だったら(あるいは、米国市民だったら等)、どのカードを重要だと思う?」
「A?Hのカードには書かれていないが、歴史的に重要だと思うできごとは?」

▼Global Express(グローバル・エクスプレス)とは
Global Express(グローバル・エクスプレス)は、時事問題を開発教育の視点から扱い、学ぶためのメディア・リテラシー教材です。 メディアを批判的に捉える力を養います。 また、「南(途上国)」で起こっているニュースの状況を理解し、当事者と学習者の日常を結びつけて考えることを目指しています。

Global Express教材無料ダウンロード「過激派組織による人質事件」
発行日2015年2月6日
購入方法教材のダウンロード(無料/寄付歓迎/Adobe PDF/10頁)
http://www.dear.or.jp/ge/index.html
この教材の版権は(特活)開発教育協会に所属し、本誌の全部または一部を無断で複写・転載・引用・要約することは禁じます。本誌の「生徒用ワークシート」の複写による利用は、学問的な利用、教室・研究会等での利用に限ります。
価格無料
お問い合わせ先
問い合わせ先NPO法人開発教育協会
担当者名八木
TEL.03-5844-3630
FAX.03-3818-5940
URLhttp://www.dear.or.jp/ge/index.html

書籍案内一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>