HOME > 情報掲示板 > 書籍案内

情報掲示板

書籍案内 NI日本版133号『民衆が待ちわびる「パキスタンの春」』

【内容】

民政になっても軍の強力な影響下にあるパキスタン。近年では、アフガニスタン、インド、米国でのテロや、タリバンとの関係も指摘され、背後には軍や情報機関の存在も取りざたされている。この国に関するそのほかの報道といえば、経済の停滞、汚職、イスラーム原理主義の台頭や、たびたび起こる地震や洪水といった自然災害など、混迷を深める様相ばかりが伝えられる。しかし実は、この国の底流には現在重要な変化の兆候が見てとれる。今月のNIでは、その変化の伏線となる軍、民衆、左翼の現状と影響力について分析し、この国の今後を探る。


【目次】

1 パキスタンに希望はあるのか(NI p12-19の翻訳)
政府情報機関が背後にいるとされる国内外でのテロ、米国によるビンラディン殺害の背景、政治家や役人の腐敗、宗教がらみの要人暗殺、タリバンへの支援……。各種報道には、この国の混乱状態と末期的な症状に関するものが多く見受けられる。では、その背後には何があるのか、この国はどこへ行こうとしているのか。そしてまた人々は、混迷のトンネルを抜ける希望を見つけているのだろうか。

9 イスラーム教の冒涜と法(NI p15の翻訳)
イスラームの神を冒涜(ぼうとく)した場合、極刑が下されることもあるパキスタンのイスラーム教冒涜罪。この法律は、少数派宗教の弾圧と宗教感情の強化に利用されている。しかし驚くことに、この法律を支えるような解釈は、イスラームの教えの中には見られないという。この法律にはどんな背景があるのか。

10 パキスタンの左翼の軌跡(NI p26-27の翻訳)
パキスタンの左翼活動は海外で始まり、1947年のパキスタン・インド独立後しばらくは、作家協会がベースとなった。長い間政府に弾圧され、多くの血が流されたが、最近ではその苦労が実って労働者の賃上げなど社会変革の一端を担うようになった。一貫して民主主義の文化を追求してきたその歴史と、最近の成果について報告する。

12 パキスタン ― その事実(NI p20の翻訳)
人口、国民所得、教育、援助、死亡率と平均寿命、宗教、国防、保健医療、汚職に関するデータ。

13 日本での動き
経済から治安まで、困難が続くパキスタン。それに加え、しばしば自然災害にも見舞われ、昨年は洪水で大きな被害が出た。だが現地の人々は、日常的な困難に輪をかけて苦労を強いる天災に遭っても、外部の力を借りながら立ち直っていく。今月は、日本のNGOが昨年から今年にかけて行った洪水支援について報告する。
●緊急事態を脱するための自立支援(認定NPO法人 ジェン)
http://www.jen-npo.org

13 アクション! ─ 何かする・もっと知る
・日本の団体と参考ウェブサイト、本、資料などの情報。

14 ニュース&オルタナティブ
・実現したオーストラリアのエコシティー(NI p38の翻訳)
10年の歳月を経て完成したオーストラリアのアデレードにあるクリスティーウォーク。このコミュニティーは、持続可能な生活の最高のお手本であり、人々の創造性を刺激する。
・国際国防システム・設備展 in ロンドン(9月13?16日)(NI p8からの要約)
死の商人のお買い物。
・ムービング・プラネット行動デー in アフリカ(9月24日)(NI p9からの要約)
気候変動対策の失速を防ぐために。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか

*英語版の内容、日本版の一部立ち読みは次のページからどうぞ。
http://www.ni-japan.com/webold/jbody445.htm

*昨年のパキスタン大洪水から復興を遂げつつあるコミュニティーについての報告「自立と復興の精神」は以下のオンラインリポートで読むことができます。
http://www.ni-japan.com/report/onlineRep/topic445.htm

<この号の英語版・日本語版は、JANICのNGO市民情報センターに所蔵されています。>
http://www.janic.org/center/index.html

※ツイッターでも情報発信しています。
http://twitter.com/nijapan

★NI日本版バックナンバーPDF版の購入代金の一部を被災者支援に寄付しています
http://www.dlmarket.jp/default.php/manufacturers_id/1033


■New Internationalist(NI) & ニュー・インターナショナリスト日本版とは
「New Internationalist(NIエヌアイ)」は、南北問題について広く世界に問いかけるために、英国の非営利団体(オックスファム、クリスチャン・エイド、キャドバリー財団、ラウンツリー財団)の支援によって1973年に創刊された英文月刊誌です。1980年代より協同組合として独立して活動しています。NIは、欧米主要メディアとは異なる切り口と、南の国々、草の根、社会的弱者などの視点から世界情勢を報道・分析するオルタナティブなメディアです。「NI日本版」は、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に構成し、日本の情報を加えて年10回発行しています。

『民衆が待ちわびる「パキスタンの春」 Pakistan - Daring to hope』
発行日2011年9月30日
購入方法次のウェブサイトからお申し込みいただくか、
http://ni-japan.shop-pro.jp/
以下の販売店でお求めください(在庫については各お店にお問い合わせください)。

●模索舎
<取り扱い雑誌種別:英語版&日本版セット>
東京都新宿区新宿2ー4ー9 TEL:03-3352-3557
http://www.mosakusha.com

●ふろむ・あーす
<取り扱い雑誌種別:日本版のみ>
東京都世田谷区三軒茶屋2-13-11(エコー仲見世商店街内)TEL:03-3414-3545
http://www.from-earth.net

●ブックファースト 新宿店
<取り扱い雑誌種別とその場所>
 英語版&日本版セット:A2 オピニオン誌コーナー/英語版のみ: BUSINESS SCIENCEコーナー
東京都新宿区西新宿1-7-3 モード学園コクーンタワー 地下1階Aゾーン TEL:03-5339-7611
http://www.book1st.net/shinjuku/
価格日本版500円/英語版800円/日本版&英語版セット1000円
お問い合わせ先
問い合わせ先ニュー・インターナショナリスト・ジャパン (NIジャパン)
TEL.042-498-3126
FAX.042-498-3126
E-mailinfo@ni-japan.com
URLhttp://www.ni-japan.com

書籍案内一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>