HOME > 情報掲示板 > イベント情報

情報掲示板

イベント 【3/18(土)】水の循環講座 すみだと世界をつなぐ水の大切な話 第4回「気候変動と水」

私たちは毎日、飲み水、食事、トイレ、洗濯…たくさんのことに水を使い、たくさんの汚れた水を生み出しています。
一方、世界に目を向けてみると、水不足によって十分に水を使うことができない地域、インフラが整っておらず安全な飲み水を得ることができなかったり、汚れた水が川や環境を汚染したりしている、という地域も多くあります。

「私たちが日本で使っている水」と「世界の水」は「別のもの」と錯覚してしまいがちですが、「私たちが日本で使っている水」と「世界の水」はつながっており、共通の課題もたくさんあります。

この墨田区主催「水の循環講座(全5回)すみだと世界をつなぐ水の大切な話」では、たくさんある水の課題の中から、「食と水」「気候変動と水」「トイレと水」など毎回1つのテーマを取り上げ、各テーマに関する施設見学や街歩き、ワークショップを行います。
また、それぞれのテーマについて、日本国内の事情、海外の事情について詳しいスピーカーがお話しします。


水の循環講座 すみだと世界をつなぐ水の大切な話
第4回:気候変動と水 「水不足や豪雨に備えて地域の水を有効活用する―墨田区とアフリカの事例」

墨田区にはゼロメートル地帯が広がり、豪雨によって河川の堤防が決壊すれば広範囲に水没する危険があります。
墨田区は、洪水被害の低減、ならびに水資源の有効活用をめざし、雨水の貯留を中心とした、「雨水活用」を推進しています。
本講座では、墨田区を歩いて雨水活用の現場を見学。
その後、墨田区を始めとする日本の雨水活用、そして西アフリカの水不足が深刻な村で行われている村レベルの水資源管理の事例をもとに、
私たちが地域にある水を有効に活用するためにできることについて考えます。

【日時】  2017年3月18日(土)13:00-16:40
【集合】  曳舟文化センター第一会議室 
【講師】  NPO雨水市民の会 笹川みちる
      NGOウォーターエイドジャパン 高橋郁
【内容】
・墨田区向島地域の雨水活用スポットを巡る街歩き
・日本の事例:日本の雨水活用
・世界の事例: ブルキナファソ・バスベド村における水資源管理
【対象】  小学4年生以上の方
【定員】  25名(申込み多数の場合抽選)
【費用】  無料
【持ち物】  筆記用具

*この「すみだと世界をつなぐ水の大切な話」は、全5回連続講座です。全5回のご参加、各回単発のご参加、いずれも大歓迎です。
*必ず13時までに曳舟文化センター第一会議室に集合してください。その後、すぐに墨田区内の街歩きに出発します。
万一遅刻した場合には、街歩き後に曳舟文化センター第一会議室で行う「日本の事例」(15時頃開始の予定)よりご参加いただきます。
*小雨の場合決行します。大雨または雪の場合は街歩きを中止し、室内で雨水活用について学びます。


■主催  東京都墨田区
■運営  特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン
■お問い合わせ
特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン 担当:高橋
Tel:03-6240-2772
Email:info-japan@wateraid.org
■個人情報管理
入力していただいた個人情報は、当団体にて厳重に管理し、本セミナーの運営以外には使用いたしません。

水の循環講座 すみだと世界をつなぐ水の大切な話 第4回:気候変動と水「水不足や豪雨に備えて地域の水を有効活用する―墨田区とアフリカの事例」
主催団体東京都墨田区
会場曳舟文化センター第一会議室
最寄り駅からの道のり京成線「京成曳舟駅」より徒歩1分、東武線「曳舟駅」より徒歩3分、都バス「墨田区曳舟文化センター前」下車、区内循環バス 北西部ルート「曳舟文化センター」下車
定員25名
参加費無料
申込方法下記お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ、お申込みください。
https://goo.gl/forms/FF7H1icXARECS8A73

申込多数の場合は抽選となりますので、ご了承いただけますようお願いいたします。
お問い合わせ先
団体名特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン
担当者名高橋
TEL.03-6240-2772
FAX.03-3634-4312
E-mailinfo-japan@wateraid.org
URLhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sumidawater

イベント情報一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>