HOME > 情報掲示板 > イベント情報

情報掲示板

その他 【文芸フェス・アジアセッション】「社会のタブーに挑む女性作家たち?ジェンダー、宗教、共同体を超えて」

東京をニューヨーク、ロンドン、パリに並ぶ世界の文芸拠点とし、海外の作家や作品を日本国内に紹介すると同時に、日本の文学・文化を世界にアピールするために、2013年より東京国際文芸フェスティバル(日本財団主催)が開催されています。今年度、国際文化会館は下記セッションを共催いたします。

タイの作家でアーティストのプラープダー・ユンさんをモデレーターに、桐野夏生さんとマレーシア、フィリピンの女性作家たちが、創作にかける想いや作品の受容について語ります。犯罪やテロリズム、LGBTなど、それぞれ異なる社会背景のなかで“タブー”とされる事柄を描いた作品を発表することは、どのような反響を生むのでしょうか?また、文化的特徴や宗教が創作に与える影響などについて、議論を交わします。

スピーカー: 桐野夏生(日本)、ディナ・ザマン(マレーシア)、ジョアンナ・クルス(フィリピン)
モデレーター: プラープダー・ユン(タイ)
日時:  2016年3月5日(土) 4:00?6:00 pm (開場: 3:30 pm)
会場:  国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
定員:  200名 
用語:  英語/日本語 (同時通訳つき)
共催:  日本財団、国際交流基金アジアセンター
会費:  無料 (要予約)

お申し込み:国際文化会館 企画部
※本プログラムは当日に開催いたします2つのアジアセッションの?です。セッション?とは別個のご予約が必要となりっますので、ご注意ください。
http://www.i-house.or.jp/programs/bungei-1/
(電話:03-3470-3211/FAX:03-3470-3170/Email:program@i-house.or.jp)

本講演に関するお問い合わせ:

公益財団法人国際文化会館 企画部
〒106-0032 東京都港区六本5-11-16
電話:03-3470-3211 FAX:03-3470-3170
E-mail:program@i-house.or.jp

会場の最寄り駅麻布十番/六本木
最寄り駅からの道のりhttp://www.i-house.or.jp/access.html
お問い合わせ先

イベント情報一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>