HOME > 情報掲示板 > イベント情報

情報掲示板

イベント 「貧困撲滅のための国際デー」講演会 ユニセフ報告書が示す日本の子どもの貧困(10月12日(水)14時-15時半) 

公益財団法人 日本ユニセフ協会は、2016年10月12日(水)首都大学東京の阿部彩教授(子ども・若者貧困研究センター長)による講演会を、ユニセフハウスにて開催します。

「貧困撲滅のための国際デー」
10月17日は、国連が定めた「貧困撲滅のための国際デー」です。日本国内でもその深刻さが伝えられる子どもの貧困は、子ども自身に生涯にわたる影響を及ぼす可能性があるだけでなく、次の世代にも連鎖するなど、社会全体に影響することが指摘されています。昨年国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、子どもの貧困の削減を、日本など先進国も含む国際社会の共通の課題として位置づけています。「国際デー」を前に、子どもの貧困問題を改めてみなさまと考える機会をつくるべく、本講演会を企画いたしました。

先進国の中でも深刻な日本の子どもの貧困
ユニセフ・イノチェンティ研究所は、先進国の子どもの状況を比較する報告書『レポートカード』を定期的に発表しています。子どもの幸福度を多面的に比較したレポートカード11(2013年)、経済危機の影響を分析したレポートカード12(2014年)、格差を取り上げたレポートカード13(2016年)など、最近の報告書ではいずれも、日本の子どもの貧困や格差の状況が、他の先進国との比較においても深刻なレベルにあることが示されています。
本講演会では、レポートカード作成のためのデータ提供や日本語版向け解説の執筆等でご協力をいただいている首都大学東京の阿部彩教授に、最近の報告書で明らかになった日本の子どもの貧困の状況や、その改善のために必要な方策等についてお話いただく予定です。

「貧困撲滅のための国際デー」講演会 ユニセフ報告書が示す日本の子どもの貧困
主催団体公益財団法人 日本ユニセフ協会
日時・期間2016年10月12日(水) 14:00−15:30
会場ユニセフハウス 1階ホール
会場の最寄り駅JR品川駅・高輪台駅
最寄り駅からの道のりhttp://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_hou_ac.html
定員130名
参加費無料
申込期間2016年10月12日(水) まで。但し、定員に達し次第、締め切らせて頂きます。
申込方法お申し込みはホームページで受け付けております。
http://www.unicef.or.jp/event/poverty20161012/
お問い合わせ先
団体名(公財)日本ユニセフ協会 広報室
E-mailevent@unicef.or.jp

イベント情報一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>