HOME > 情報掲示板 > 人材募集

情報掲示板

契約/嘱託職員 「草の根・人間の安全保障無償資金協力」外部委嘱員(在コンゴ民主共和国日本大使館)

外部委嘱員は、大使館との委嘱契約に基づき、担当館員の指示の下で、コンゴ民主共和国、および当館兼轄国であるコンゴ共和国における「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の案件形成、実施およびフォローアップに関わる業務に当たります。具体的な業務には次のものがあげられます。
(1)案件の形成にかかる調査・事前調査
草の根無償案件の実施前に、当該地域の現状・問題点・援助ニーズ・当該地域あるいは分野におけるNGO等の活動状況、他ドナーの援助動向等について、必要な調査を行います。必要に応じ、現地のサイトに行くこともあります。また、要請を行ったNGO等の団体との詳細な点も含め調整を行います。
(2)贈与契約の署名式、各種式典のアレンジ
実施が決定された案件につき、贈与契約の署名式のアレンジを行います。また、施設建設案件や機材供与案件等で実際に計画が終了した際には、開所式や供与式をアレンジします。これらは日本の援助が「目に見える」ようになる瞬間であり、現地のメディア等を呼び、広報を行います。
(3)報告書等の文書の取り付け
要請書、報告書等、草の根無償の実施にかかる文書を被供与団体から取り付けます。
(4)案件監理、実施状況モニタリング・フォローアップ
多数の申請案件を適正に審査し、申請受付から実施までの進捗状況の監理を行います。また、過去に実施した案件について、実施状況のモニタリングを行い、当該案件の適正な運営を確保するとともに、今後同様の案件を発掘し、実施する場合の指針、教訓を得るためのフォローアップを実施します。

「草の根・人間の安全保障無償資金協力」外部委嘱員
募集人数1名
資格・条件【必要な語学力】フランス語。英語も話せることが望ましい
【必要な学位】大学卒業以上
【類似業務経験年数】開発協力関係の業務経験、および海外(特に途上国)での生活経験があることが望ましい。
勤務地コンゴ民主共和国  
勤務期間2016/09/中旬 ? 。9月中旬に当地着任可能な方を募集しております。各年度の委嘱期間は各年度末(3月末)とし、最長3年間まで延長可能です。
勤務時間委嘱業務であるため勤務時間の定義はありませんが、以下の時間帯が目安となります。平日(月?金)7:30?16:15(昼休み 12:30?13:30)。休日:土・日曜日および当館が定める休館日
休日勤務時間に同じ。
待遇【謝金】外務省の規定に準ずる(応募者の専門性に応じる)、【住居費】限度額内で支給・交通費:個人負担(私用車の購入が必須)、【渡航費】支給(往路・復路分交通費(ディスカウント・エコノミー)、空港使用料、予防接種料、査証取得料、着任にかかる支度料)、【その他】委嘱員は雇用契約ではなく委嘱契約であるため、通常の雇用契約に含まれる各種の待遇は提供されず、たとえば各種保険等はご自身で加入いただく必要があります。
応募方法以下の書類を当館担当(tatsuro.unuma@mofa.go.jpおよびkumiko.kobayashi@mofa.go.jp)両名にe-mailにて送付してください。(件名:「草の根外部委嘱員応募」)

1.これまでの職務経歴等がわかる履歴書(写真付き、日本語、様式任意)
2.自己紹介書(形式自由、志望動機や自己PRを記載)
3.最終学歴を証明できるもの(コピー可)
4.(任意)語学力を証明できる資料(仏語検定、TCF等)
応募期間2016/05/01から2016/06/19まで
選考方法書類選考合格者に対してのみ連絡の上、電話面接を実施します。履歴書にはメールアドレスおよび電話番号を必ず明記ください。ご提出いただいた個人情報については、採用選考の目的のみに使用しますとともに、応募の秘密は厳守します。なお、応募書類は返却いたしませんのであらかじめご了承願います。

お問い合わせ先
問い合わせ先在コンゴ民主共和国日本国大使館
担当者名経済協力班 鵜沼、小林
TEL.243 818 848 477
E-mail鵜沼、小林(tatsuro.unuma@mofa.go.jpおよびkumiko.kobayashi@mofa.go.jp)
URLhttp://www.rdc.emb-japan.go.jp/

人材募集一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>