HOME > 情報掲示板 > スタディツアー

情報掲示板

スタディツアー 【APEXインドネシアスタディーツアー参加者募集!】現地に根差した技術がアジアの未来をつくる!国際協力と適正技術を考える9日間

APEX(アペックス)は、アジアの人々の生活向上と環境の保全を目指して、地域の状況に適合的な技術
<適正技術>を重視した開発と普及に取り組んでいるNGOです。

このツアーでは、APEXや現地NGOの開発の現場をめぐりながら現地社会の実態を知り、
そこにおける問題と、その緩和・解決策ならびにこれからのアジアに必要とされる〈適正技術〉の
あり方について考えます。

インドネシアのフローレス島、ジャワ島、バリ島と、文化や環境が異なる3つの地域の違いを
肌で感じることができる点もこのツアーの特徴です。この機会にどうぞふるってご参加ください。


【みどころ】
1.東ヌサトゥンガラ州・フローレス島で、低所得地域の実態に触れる

APEXがジャトロファ事業を実施しているフローレス島で、現地の生活や産業の現場を訪ね、
住民との意見交換を通して、現地社会の実態に触れます。
現地の抱える問題は何か、住民のニーズは何か、APEXの事業をアプローチの一つの例として、
参加者同士で話し合い、考えます。

2.バイオマスガス化発電設備の見学

ジャワ島ジョクジャカルタにて、以前からAPEXが開発に取り組んでいるバイオマスのガス化発電設備を
視察します。農業廃棄物など多様な原料を、粘土を用いた流動層ガス化により燃料ガスに転換し、
エンジンに投入して発電するものです。SATREPS事業で製作した、最新のテストプラントも見ることが
できるかもしれません。

3.コミュニティ排水処理プロジェクト実施地区の訪問

同じくジョクジャカルタにおいて、水質汚濁の緩和と衛生環境改善のために設置された、コミュニティ排水を
集合処理するモデルプラントを視察していただきます。独自開発による安価で場所をとらない技術を用い、
地域住民の方々が、自ら運営管理されている住民参加型のプラントです。住民の方との意見交換ができます。

4.バリ島の環境活動を知る―マングローブ保全地域視察

8月14日の乗り継ぎ地バリ島では自由行動が可能です。デンパサール空港近くでは、JICAの保全事業などで
整備された広大なマングローブ林を見ることができます。また、観光地として有名なクタの海岸を散策することもできます。


5.美しい自然にふれる・世界遺産を訪ねる

フローレス島では、美しい海岸線をご覧いただけます。また、ジョクジャカルタでは、世界遺産ボロブドゥール遺跡を
訪ねたり、市内観光もできます。


【ツアー詳細・お申込方法】
http://www.apex-ngo.org/kokunai/studytour.html

【事前説明会のご案内】
ツアーに関心をお持ちの方々に、APEXのプロジェクトについてご紹介させていただくとともに、
ツアーの詳しい内容や、現地の文化や習慣、病気等について説明します。
渡航の準備などのご質問にもお答えしますので、お気軽にご参加ください。

 第1回 2016年 6月22日(水)18:30?19:30
 第2回 2016年 6月25日(土)13:00?14:00
 第3回 2016年 6月28日(火)18:30?19:30
第4回 2016年 7月 1日(金)18:30?19:30
第5回 2016年 7月 3日(日)13:00?14:00

 会場:APEX東京事務所

 お申込み:メール・電話等でAPEX事務所にご連絡ください。
下記にリンクの申込フォームからもお申込みいただけます。
http://www.apex-ngo.org/kokunai/studytour.html

APEXスタディツアー2016
ツアー期間2016年8月10日(水)-18日(木) 7泊9日
訪問先インドネシア、東ヌサトゥンガラ州フローレス島及びジョクジャカルタ特別州(2地域)
定員定員 12名
参加費245,000円
申込期間2016年6月10日?2016年7月5日
補足※締切後のお申し込みにつきましては、ご相談下さい。 
旅行企画・実施株式会社 風の旅行社
旅行社登録番号国土交通大臣登録旅行業第 1382 号
旅行社連絡先(電話)0120-987-553
申込方法1.申込書のご送付
旅行申込書・入会申込書に必要事項をご記入の上、FAX・E-mailもしくは郵送で(特活)APEX宛てにお送り下さい。本用紙は、APEXより?風の旅行社に転送します。郵送の場合は、本用紙は控えとしてお持ちいただき、コピーをお送り下さい。

【ツアー詳細・お申込方法】
http://www.apex-ngo.org/kokunai/studytour.html
お問い合わせ先
現地プログラムに関する問合せ先(認定)特定非営利活動法人APEX
担当者名国内事業・広報担当 塩原
TEL.03-3875-9286
FAX.03-3875-9306
E-mailtokyo-office@apex-ngo.org
URLhttp://www.apex-ngo.org/kokunai/studytour.html

スタディツアー一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>