HOME > 情報掲示板 > スタディツアー

情報掲示板

スタディツアー フィリピンプロジェクト 参加者募集中!

<フィリピンのソーシャル系チョコレートメーカーでマーケティング>
今回の舞台は、フィリピンの首都マニラ。人口1億人を抱えるアジア随一の経済大国として名を上げてきた影で、貧困問題が依然として社会問題です。ソーシャルビジネスが盛んになりつつあるこの国で、地元の起業家の間でも特に有名なチョコレートメーカーTheo& Philo(セオアンドフィロ)とマーケティング戦略立案に挑みます。

<フィリピンのソーシャルビジネスムーブメント>
1980年代まで“アジアの病人”と揶揄されるほど、経済的に遅れていたフィリピンも、今ではASEAN諸国の中でもトップレベルの成長率を誇っています。しかしその影では経済発展の波に乗る人と、取り残される人々との経済格差の拡大は大きな問題となっています。2012年から2015年の間で貧困率の全国平均は27.9%から26.3%へ改善したものの、依然として多くの貧困者が暮らします。
そんな国の問題をなんとかしようと、フィリピンでは多くの社会起業家が活動しており、マニラの郊外にはGawad Kalinga Community という “ソーシャルビジネスのシリコンバレー”として社会起業家の大きなコミュニティが形成されるなど、今、フィリピン全体で社会問題解決が、大きなムーブメントとなっています。

<Theo & Philo 創設の思い>
そんなフィリピンの中でも、特に注目される社会起業家のうちの一人がPhiloという男性です。ベルギーやスイスなど、西欧の国にはチョコレートで有名な国が多くありますが、実はチョコレートの原料であるカカオは、赤道付近一帯でしか作ることができません。
そこで、Philoは、当時住んでいたサンフランシスコからフィリピンに帰国し、地元のカカオ豆を使ってフィリピン国内でチョコレートを販売することに決めました。またチョコレート販売を通して、ローカルコミュニティの農家の収入向上や、コミュニティ内の子供達の教育に貢献しています。 「素晴らしい材料はあったからね。あとはそれを最高の商品にする作り手が必要だったんだ。だから僕がやることにしたんだよ。」

<チョコレートを食べないアジア人、Theo&Philoの大きな壁>
 フィリピン産のチョコレートを作り始めたはいいものの、当然認知度は無く、フィリピンにおけるチョコレートの消費量はヨーロッパに比べてそう高くはありません。世界国別チョコレート消費量ランキングでは上位20カ国全てアジア圏外という結果。近年、アジアのチョコレート需要は上がってきていると言われていますが、まだまだ西欧諸国ほどのマーケットには成長しきっていないのが、現状です。ある程度の売り上げを上げることができましたが、Theo&Philoは今、大きな壁にぶつかっています。

<地元カカオで作ったチョコレートのマーケティングを実施せよ>
地元カカオで作ったチョコレートのマーケティングを実施せよ そこで今回のミッションは、如何にTheo&Philoに込められた想いやミッションを体現しながら、販路を拡大していくのかという本格的なマーケティング・製品提案を実行することです。
現在、フィリピンの一般消費者をメインターゲットとする中、観光客向けなどフィリピン国内での販路拡大に加え、アジアNo.1のチョコレート消費大国である日本への輸出など様々な可能性を視野に入れながら、味の改善やプロモーション戦略の立案など、解決策を探っていきます。

<グローバルに”自立した優しい挑戦者”を目指すため・・>
ビジネストレーニングと並行でチームビルディングや学びを定着させるための様々なワークショップがMoG期間中に仕掛けられています。フィードバックやSelf Missionの深堀、自分の行動や発言の無意識にあるメンタリティを認識して進めていく手法を用いて、チームのアウトプットを最大化するとともに参加者のメンタリティーの育成を重要視します。MoGの卒業生でも、海外事業部への異動希望が通ったり、希望の就職先に内定が決まったりとキャリアをつかみ取る人が多くいます。


webページもご覧ください!
http://very50.com/project/detail.php?id=691

2017年冬MoG フィリピン~Theo&Philo〜フィリピン産のチョコレートで地域活性化〜
ツアー期間事前トレーニング: 1月29日〜 現地ワーク:2017年3月10日〜3月20日
参加費社会人:148,000円 学生:86,000円 デザイナー:30,000円〜70,000円
申込期間12月20日まで
申込方法<参加までの流れ>
1. 説明会へ参加 興味を持たれた方は、随時開催の説明会へご参加ください。
ホームページではお伝えできないMoGの魅力をお伝えいたします。
(遠方の方や、日程が合わない方はお気軽にお問合せください。info@very50.com)

2. 参加申し込み・面談 本ページにある参加申込ボタンより申込をお願いいたします。
very50より申込書提出のご案内をさせていただき、簡単な面談を実施いたします。

3. プロジェクトスタート 面談により参加が決定した後、同意書(捺印・郵送)提出と、前金20,000円のお振込みが確認できた時点で正式参加決定となります。
学生で期日までに参加費支払いが困難な方はご相談に応じますので、お気軽にご連絡ください。相談により利率なしの分割払いに応じます。
その他ご不明な点がありましたらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ先
担当者名very50事務局
E-mailinfo@very50.com
URLhttp://very50.com/contact_us.php

スタディツアー一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>