HOME > 情報掲示板 > スタディツアー

情報掲示板

スタディツアー フィリピン・ストリートチルドレンと出会う旅2017

フィリピンの首都マニラとその周辺地域には、多くの子どもや家族が、路上で生活しています。「ストリートチルドレン」、「ストリートファミリー」と呼ばれる人たちです。彼ら、そして彼らを支える現地NGOのスタッフと出会うことを通して、路上暮らしの子どもたちの問題を、一緒に考えてみませんか?
旅の案内人は、26年間「ストリートチルドレン」の取材を続ける、昨年、開高健ノンフィクション賞を受賞したジャーナリストの工藤律子とフォトジャーナリストの篠田有史です。

宿泊先Pension Natividad(ホテル)利用予定   利用航空会社 フィリピン航空予定
☆費用に含まれるもの
羽田?マニラの往復旅費(燃料サーチャージ含)と羽田・マニラ空港使用料など、
宿泊費(ホテル7泊)、昼食6回分、現地でのグループ移動の交通費 、
現地NGOへの謝礼、通訳・案内の経費。
※ほかの空港発着を希望される方は、ご相談下さい。

●添乗員はいませんが、案内役の篠田か工藤が、羽田空港から案内帰りのマニラの空港の国際線出発フロア入り口まで同行、案内をします。

●詳細日程(予定)
3/1(水)夕方・羽田発  夜・マニラ着  (ホテル泊)
 /2(木)NGO訪問           (ホテル泊)
/3(金)NGO訪問            (ホテル泊)
/4(土)NGO訪問           (ホテル泊)
  /5(日)ココナッツ・エコ・ツアー    (ホテル泊)
/6(月)NGO訪問            (ホテル泊)
/7(火)NGO訪問    (ホテル泊)
  /8(水)朝・マニラ発  午後・羽田着

●訪問する現地NGO(予定)
★性的虐待を受けた少女のための施設
NGO「セラズ・センター・フォー・ガールズ」
★スラムヘの支援活動と施設運営をする
NGO「パンガラップ・シェルター・フォー・ストリートチルドレン」
★モーバイルユニット車両を用いた路上訪問と施設運営をする
NGO「バハイ・トゥルヤン」
★パヤタス地区のゴミ集積場にある
フリースクール「パアララン・パンタオ」
★ 路上訪問をするストリートエデュケーター派遣を中心に活動する
NGO「チャイルドホープ・エイジア・フィリピン」

●参加条件
・ストリートチルドレンを考える会の会員の方、またはお申込みの際に会員になられる方(年会費3千円)
・旅の感想文を書いて下さる方

フィリピン・ストリートチルドレンと出会う旅2017
ツアー期間2017年3月1日(水)?3月8日(水) 
訪問先主にフィリピン・マニラ首都圏
定員定員 8名(最少催行人数6名)
参加費2人1部屋利用 132,000円(男女の人数バランス上、3人部屋になることもあります)
申込期間2017年1月1日〜2月11日
補足2月1日か燃油サーチャージ値上がりなどの都合で、参加費が若干上がる可能性があります。お早めにお申し込みください。
旅行企画・実施エアーワールド(株)
旅行社登録番号国土交通大臣登録旅行業第 961 号
旅行社連絡先(電話)06-4869-3444
申込方法 (株)マイチケット へ、電話、ファックス、もしくはメールで。
tel:03-3222-7800 または 06-4869-3444
fax:06-4869-5777
E-mail: info@myticket.jp
※「ストリートチルドレンを考える会」へのお問合せは、件名を「出会う旅」として、メールでお気軽に。
 info@children-fn.com
お問い合わせ先
現地プログラムに関する問合せ先ストリートチルドレンを考える会
担当者名工藤律子
E-mailinfo@children-fn.com
URLwww.children-fn.com/

スタディツアー一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>