HOME > 情報掲示板 > 助成金情報

情報掲示板

助成金情報 ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)第4回助成公募=15/9/1-15/9/30

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)は
社会的課題に向き合い
解決策を提案する市民活動(アドボカシー活動)を
民間の力を集めて支援する市民ファンドです。

市民の力で「未来をつくりだす一歩」を踏み出そう。
希望を持ち続けていくために。
その土台となる「よりよい社会」を実現するために
多様な人々が歩みよれる「公正さ」を見出したい。
社会の一般的な考えや今の政策・制度では見逃されがちだが
大切な社会的課題についてのアドボカシー活動を支援します。

社会テーマを見える化する対話の場づくりと一体となった
助成金の提供が、アドボカシー活動を深化させる
駆動力となっています。

ひとりひとりの想いや希望が生かされる社会を
みなさんとともに創りあげていくための新しい仕組みが
SJFです。
ぜひご参加ください。

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)第4回助成公募=15/9/1-15/9/30
助成金の目的以下のテーマを対象としたアドボカシー(社会提案)活動を募集します。
<公募テーマ1>  
  「子ども・若者の未来に関する取り組み」
<公募テーマ2>
  「原発事故による社会課題解決への取り組み」
<公募テーマ3>
  「見逃されがちだが、大切な問題に対する取り組み」

備考)自己資金充当、費用項目についての条件はありません。
助成期間活動期間は以下のいずれかを対象としますが、期間内であれば申請内容によって変更可能です。
助成総額総額 300万円 (1案件の助成上限は100万円)
募集要件概要は下記のとおりですが、詳細は、2015年度公募要綱にてご確認ください。

1)「不公正の是正」「市民社会の形成」を目的とした、アドボカシー事業であること
 助成は「社会課題の現場で直接的な支援やサービスを提供する活動」ではなく、「社会課題の原因を改善し、新たな制度を提案するアドボカシー(社会提案)活動」で、現場・地域の直接的活動なども含めて普遍性のある活動を対象とし、以下の5項目を満たすことを原則とします。
 (1) 社会の不公正を正す目的をもった活動
 (2) 市民社会の形成に寄与する活動  
 (3) 自発性にもとづき自主的に運用されている活動
 (4) 透明性のある情報開示をともなう活動
 (5) 営利を目的としない活動

2)アドボカシーカフェを共催し、多様な市民との対話ができること
 SJFでは、アドボカシー活動を実現するには一方的に意見を主張するのではなく、多様な皆さまとの対話による提案のブラッシュアップが欠かせないと考えています。そのため、助成決定団体については、助成団体が提案するテーマを共に議論し、意見を作り上げる場「アドボカシーカフェ」を共催し、企画協力やご登壇いただくことを条件とします。


備考)団体紹介の広報物など単なる広報の申請は対象となりません。また、啓発活動については、制度や仕組みの改善にまでつながる活動への助成申請を期待しております。不明の際はお問合せ下さい。


応募期間2015年 9月 1日? 9月 30日
応募方法公募要綱と応募方法をこちら
http://socialjustice.jp/p/2015fund/
からご確認ください。 
選考方法審査は2015年10月?11月にSJF審査委員会によって、書類審査(1次審査)と面接審査(1次審査通過団体を対象)が行われます。詳細は、2015年度公募要綱にてご確認ください。
お問い合わせ先
問い合わせ先認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金
TEL.03-5941-7948
FAX.03-3200-9250
URLhttp://www.socialjustice.jp/

助成金情報一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>