HOME > 情報掲示板 > 助成金情報

情報掲示板

助成金情報 トヨタ財団 助成金企画 公募のお知らせ

公益財団法人 トヨタ財団では、2012年度はアジア隣人プログラムの1年限定の特別企画として、『未来への展望』をテーマに、これまでアジアの各国で様々な実践活動に取り組んでこられたNGO等の皆様を一堂に集め、これまでの活動の振り返りを行い、それをもとに、アジアと日本の未来に対する展望や提言等を、報告書としてとりまとめていただくプロジェクトに助成を行います。

今回の申請募集は、募集期間を2012年6月4日から2012年7月6日とさせていただきます。

アジアや日本社会の様相が変貌する中で、これまで国際NGO等によって続けられてきた貴重な努力と、そこから得られた学びを、広く社会に発信するための機会として、多くの団体の皆様からご応募いただきたく、ご案内申し上げます。

アジア隣人プログラム 特別企画: 『未来への展望』
助成金の目的この助成は、これまでアジア各国で、具体的な課題解決のための実践的な活動を行ってこられた方々が集まり、自らの活動の振り返りを行い、それをもとに未来の社会に対する展望や提言を、報告書としてまとめるためのものです。

事業内容本特別企画では助成期間内に、以下の2つの活動を実施することが求められます。

(a) 「経験交流」活動: アジア各国で数年以上対象領域に関連する実践活動に携わってこられた方々(日本人を含むアジア各国の人)がアジアの1国に集まり、互いの活動を振り返り、また互いから学ぶ活動
(b) 『未来への展望』とりまとめ(報告書の作成): 「経験交流」活動でとりまとめたこれまでの知見や今後の方針をもとに、今後のアジア各国または日本にとっての課題や、それへの取り組み方、未来の社会に関する展望や提言などを、報告書としてまとめる活動

※2011年度までの「アジア隣人プログラム」とは異なり、実践活動を行うプロジェクトは助成対象となりませんので、ご注意ください。
※研究に重点を置いた取り組みは対象となりません。
助成期間2012年11月1日以降に開始し、2013年10月31日までに完了する事業
助成総額5,000万円
募集要件・法人格、国籍、所属、学歴、居住地などによる制限はありません。
・ただし、日本を除くアジアにおける過去の実践活動の実績並びにネットワーク(単一組織内、複数組織によるネットワークどちらも可)を持つことが必須となります。
※個人の活動記録は対象となりません。
応募期間2012年6月4日(月)から7月6日(金)(郵送応募は7月5日(木)消印有効)
応募方法応募期間内に弊財団HP上から応募を受け付けております。
詳細は、下記URL記載の応募要項をご覧下さい。
http://www.toyotafound.or.jp/program/asian_neighbors.html 
選考方法・助成の可否は、外部の有識者からなる「アジア隣人プログラム選考委員会」(委員長:三好皓一 立命館アジア太平洋大学教授)にて選考を行った上、本年9月に開催される理事会で決定されます。
・選考は主として、提出された企画書の内容にもとづいて行われますが、その過程では必要に応じてプロジェクトに関するヒアリング調査への協力や、プレゼンテーションの実施をお願いする場合があります。なお、プロジェクトの内容によっては助成金額を変更の上、採択させていただく場合もあります。
備考現時点で弊財団HP上に応募要項・企画書サンプルが掲示されて
おりますので、ご参照ください。
http://www.toyotafound.or.jp/program/asian_neighbors.html
お問い合わせ先
問い合わせ先公益財団法人 トヨタ財団 国際支援グループ
担当者名青尾 謙
TEL.03-3344-1701
E-mailasianneighbors@toyotafound.or.jp

助成金情報一覧へ

<< 前のページへ掲示板トップ次のページへ >>